KCシリーズ(木工用刃物)

HOME | 製品紹介 | KCシリーズ(木工用刃物)

KCカッター

従来品の超硬製品に比べ、2~3倍長切れする自社オリジナルの木工用刃物です。

開発のきっかけ

木材も多種多様化し、MDFと呼ばれる繊維質が絡み合ったものや、積層合板など接着剤が含まれているもの、さらにこのような材料に、メラミンやオレフィンシートを貼ったものなど、材料が硬いうえに仕上がりを求められるものが増えてきました。

その様な中で、お客様から「もっと耐久性がよく、仕上がりもきれいになる刃物はないの?」というお声をいただきました。従来の超硬刃物は仕上がりはきれいですが耐久性が悪く、ダイヤ刃物では耐久性が良くても高価で、仕上がりが悪いという欠点がありました。

そこで登場したのが、従来の超硬刃物とダイヤ刃物の欠点をなくした、”KCカッター”です。耐久性が良く仕上がりもきれいで、しかも安価で再研磨もできる、夢のような刃物です。

KCカッター 開発のきっかけ

KCカッターの特徴

低温でチップを貼り付ける方法を独自で開発しました。
この方式により、従来から使用が難しいとされる高硬度クラスの超硬合金K01(ISO規格)を使用し、耐久性において飛躍的な向上を実現しました。
 

KCカッターの特徴

 
【耐摩耗性】
木工用に適した高硬度で粘りのある超硬チップを開発しました。
通常の超硬ロウ付けタイプ(G1クラス)の2~3倍(当社比)の耐久性を実現しました。
(使用条件により異なります)
 
【耐酸化腐食】
接着剤などによる化学反応を起こしにくい超硬チップを開発。超硬チップの酸化腐食による異常摩耗を防ぎます。
特に合板・MDFなどに抜群の威力を発揮します。
  
【切削性能UP】
低温でチップを貼り付けるため、超硬チップの組織変化やクラック、台金の変形を防ぐことができます。その為、より精度の高い刃物の製作が可能になりました。
刃付きも良く、材料表面の仕上がりも美しく、切削音も静かです。

KCシリーズ一覧

KCカッター

モルダーやVカットマシン、テノーナー等で使用される超硬カッターです。従来から使用が難しいとされる高硬度クラスの超硬合金K01(ISO規格)を使用し、耐久性において飛躍的な向上を実現しました。 (従来品の2~3倍)
姿や形は従来の超硬ロウ付けタイプ刃物と同じです。また、再研磨においても従来の方法で簡単に行えます。 

KCルーター

NC加工機やルーターマシン等に使用される超硬ルーターです。KCカッターと同様、超硬合金K01(ISO規格)を使用した耐久性の高い製品です。
従来の超硬ロウ付けタイプ製品の2~3倍の耐久性を実現しました。 
 
 
 

KCスパイラル

KCの名前通り、木工用に適した高硬度の超硬素材を開発。なんと従来品の2~3倍(当社比)の耐久性を実現しました。(使用条件により異なります)
接着剤などによる化学反応を起こしにくい超硬素材を開発。合板、MDF、パーチクルボード(シート、紙貼り)etc...
酸化腐食による刃先の異常摩耗を防ぎます。 

KCジョインター

ヴァイニッヒ社のモルダ用かんな刃です。
全超硬で製作している為、剛性があり、刃物のひずみを防ぎます。
材料の種類によって刃先角度を変えています。従来品の2~3倍(当社比)の耐久性を実現しました。
 

KCシリーズ 加工データ

KCを用いて行った加工テストや検証作業のレポートをPDFにまとめました。
従来品と比較した場合の加工結果やお客様の感想やお声など、KCの導入を検討されている場合の参考になれば幸いです。
 
※画像もしくは下記のリンクをクリックするとPDFが開きます。
 
≫KCシリーズ加工データ(PDF)を開く
 
 
 

 

KCカッター紹介記事(新聞)

KCカッターを掲載していただいた新聞記事をご紹介します。
・日刊工業新聞 (平成14年11月19日発行)
・日本経済新聞 (平成16年1月23日発行)
※画像もしくは下記のリンクをクリックするとPDFが開きます。
 
≫新聞記事(PDF)を開く
 

 

KCカッター採用ユーザー

  • パナソニックES内装建材(株)
  • (株)ウッドワン
  • 住友林業(株)
  • 積水ハウス(株)
  • カリモク家具(株)
  • 浜本工芸(株)
  • (株)パウモナ
  • (株)アルボレックス
  • エスエッチ・サンキョウ(株)
  • 東和工業(株)

LCコーティング

特殊な複合膜コーティングにより、耐久性や仕上がりの向上を実現した、木材(無垢材)専用の自社開発オリジナルコーティングです。

LCコーティングの特徴

LCコーティングの特徴

 
【耐久性の向上】
従来品の2倍~2.5倍(当社比)に耐久性が向上し、新しい刃物に交換するコストを抑えることができます。
※使用条件により異なります。
 
【仕上がりの向上】
刃物の滑りがよくなり、チップにヤニがつきにくくなります。
滑りが良くなると材料の毛羽立ちが抑えられ、後工程の手間が少なくなるというメリットもあります。
 
【幅広いコーティングが可能】
複雑なR形状のカッターやルーター、スパイラルビットetcの加工も可能です。
 

LCコーティング加工後の製品

 

 

LCコーティング 加工データ

LCコーティングを用いて行った加工テストや検証作業のレポートをPDFにまとめました。
従来品と比較した場合の耐久性やお客様の感想など、LCコーティングの導入を検討されている場合の参考になれば幸いです。
 
※画像もしくは下記のリンクをクリックするとPDFが開きます。
 
≫LCコーティング加工データ(PDF)を開く